プロフィール

GRUPPO1984

Author:GRUPPO1984
FC2ブログへようこそ!

GRUPPO twitter

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

GRUPPO R.S.イベントレポート

GRUPPO R.S.イベントレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年第5回RALLY U-125

2015年10月3日、4日にかけて第5回目にになる市区町村ナンバーラリーが行われました。
ラリーの模様をご覧ください。このスラドショーで少しでもU-125の楽しさが伝わる事を期待します(^。^)



photo/editing Uta
スポンサーサイト

第4回 U125ラリー 市区町村ナンバー限定ラリー

DSC00251-1.jpg

5月15日より2泊3日の日程で第4回目となる市区町村ナンバーラリー、U-125ラリーが行われました。
優勝はHONDA CT110で参加のKOSUKEさん。
ラリーの詳しいレポートはこちらをクリック→走る銀色の矢

P1050527_201507071929510b5.jpg

photo:Silver

2014年第3回ラリーU-125 その2

秋の市区町村ラリーは初日の競技区間の結果で順位が決定する。
夕食後の集計結果で区間賞の発表と総合成績の発表となるのだが、5区間の獲得ポイント数の合計より第3回大会の優勝者はジョージアさんとCB125改となった。
続く2位はCT110のMさん、3位はCT110で初参加のKOSUKEさんだった。
Mさんは5区間中2区間において区間賞を獲得した。
区間賞を獲得できなかった人は明日の3区間が勝負所となる。
夜が更けてもバイク談義は続く。
2日目

DSC01534.jpg
朝早くからバイクの整備をする旅ガラスさん。
台風の影響で2日目は天候が崩れる事が確実で、いつまで雨が降らずに保つのやら。
まだ雨が降っていないのはありがたいが、空は厚い雲で覆われている。

赤い色のシャツはスーパーラウンドラリーで優勝した者だけが着用できる色なのだが、なかなか獲得できる物でないので、今回は参加賞に設定してみたが。
DSC01548.jpg
これだけ揃うと、やや暑苦しいか、、、。

DSC01557.jpg
初期の頃からラリーに参加を続け、なんと初めての優勝を獲得したジョージアさん。
年間獲得ポイント数は今の所トップか?


DSC01553.jpg
2区間で区間賞を獲得しながら惜しくも優勝を逃したMさん。
白いシャツは今回の区間賞。

DSC01551.jpg
初参加のKOSUKEさん
来年は是非スーパーも挑戦してください!

DSC01564.jpg

DSC01561.jpg

DSC01568.jpg

DSC01578.jpg

DSC01584.jpg
1区の先行オフィシャルがスタート。
いつ降り始めてもおかしくないので皆さんスタートから雨具の着用です。

DSC01595.jpg

DSC01622.jpg

DSC01641.jpg
1区ポイントにて
ひたすら南下するのみであるが、早速雨が降って来る。
気温も低くかなりの冷え込みだった。

DSC01651.jpg

DSC01647.jpg

DSC01663.jpg

DSC01682.jpg

DSC01680.jpg

DSC01671.jpg

DSC01688.jpg

DSC01689.jpg
道の駅湯の香しおばらにて
雨の中なにやらイベントが行われていて、結構な人でにぎわっておりました。

DSC01695.jpg
2区が終わって最終区が始まります。
ここからあと20数キロで栃木県の矢板市に到着。

DSC01691.jpg
さて2日目の3区間で一体誰が区間賞を獲得したのでしょうか?

生憎の雨となりましたが、大きなトラブル?もなく無事に市区町村ラリーは終了しました。

短い期間ですが非常に盛り上がる市区町村ラリー、興味を持たれた方は是非参加してみてください。

2014年第3回ラリーU-125 その1

今年から制定された?GURUPPO年間シリーズ第3戦となる市区町村ナンバー付き車両限定のラリーU-125が行われました。
日程は1泊2日の短い物ですが、初日5区間、2日目3区間の競技区間が設けられ、夏のスーパーラウンドとはまた違った面白さがあります。
小排気量車の手軽さもあって、純粋に走って遊ぶ事の楽しさを参加者の誰もが堪能されたのではないでしょうか?

10月4日 土曜日 AM8:30
道の駅下妻に集合
ここに1名を除く17名が集合して、競技がスタート。
1区目は下妻をスタート後294を北上して道の駅茂木に向かう約48キロのコースだったが、先行オフィシャルの千葉夢の助さんのバイクが電装トラブルでまさかのリタイヤ、ラリー開始早々波乱の展開となる。
2区目はさらに294を北上して途中で昼食。
昼食場所でポイントとなり、寝坊で遅刻のCB90が合流する。
CB90は集合時間の30分前に目が覚め急いで東京をスタート、約3時間で本隊と合流したがここまで走りっぱなしのためにバイクも本人もすでにクタクタだった。

DSC01198.jpg

DSC01226.jpg
今回いろいろな意味で最もリスキー?なバイクで参加された一文字さん。
フォークから両サイドに突き出た予備のガソリンタンクは長距離ツーリングには必需品。

DSC01228.jpg
こちらもある意味リスキーなバイクかもしれないが、ラリーは排気量やトップスピードが速いだけで勝てる物ではないので、リスキーなバイクで挑戦する事も一つの楽しみである。
当時のパーツで好きな人にはたまらないであろう、KawasakiAR80とシルバーさん。

3区昼食場所からさらに294を北上すること約40キロ、天栄村道の駅季の里。
DSC01239.jpg
先行オフィシャルはジョージアさんとHONDACT110で日本一周をしたMさん。
ポイントに到着してタイムのチェックを受ける。

DSC01255.jpg
ギラギラさんは黒のHONDA CBXで参加。
カウル取り外し、RPMマフラー、

DSC01266.jpg
今年のラウンド幹事旅ガラスさんは、HONDA CL90で参加です。

DSC01291.jpg
CT110で初参加のOさん、今回CT110が3台参加されましたが、それぞれに違いがあって興味深いです。
因にOさんのCTはオーストラリアで郵便局のバイクで走っていたものだそう!細かい所でメーター周りやシートの大きさにも違いがあるそうです。

DSC01274.jpg
皆さん良い笑顔です、ラリーは本当に楽しいのです。

DSC01284.jpg

DSC01285.jpg
ルートは確認しやすい様、皆さん色々工夫されてます。

DSC01314.jpg
4区、道の駅から約63キロ移動。
CBXカスタムとG藤さん、流石に気温が低いのでタンクトップではない、、、。

DSC01327.jpg

DSC01335.jpg
4区ポイントにて、
流石にこの辺りは気温が低いです。

DSC01342.jpg 

DSC01346.jpg

DSC01354.jpg
最終区の先行オフィシャルS藤さん 
夏のスーパーラウンドラリーは初参加で初優勝、さて今回は??

DSC01359.jpg

台風の影響で翌日の天候が心配されていましたが、思いのほか早くに天候が怪しくなり、気温も低いので4区のポイントでほとんどの方が雨具を装着しました。
5区の競技がスタートして間もなくトンネルを抜けるとそこは雨が降り始めていました。
ペースが落ち何名かでやや団子状態の走行が続きます。
先行して走る何台かのバイクが右折する場所を間違えてまっすぐ走って行く姿が見えたりします。
何処迄走って行くのかなぁ〜とニヤニヤしながらそんな仲間の後ろ姿を見送り、県道59に左折。

DSC01370.jpg
この道がなかなか凄い、道幅が狭くて路面は苔むしていてスリッピー、ガードレールがないので前をよく見てないと並走する川に落ちそうになる。
過去にも県道の入り口で滑って転んだ人がいるとの事ですが、今回はCBXで参加のI澤さんがなんて事のないストレートで転倒した。

DSC01378.jpg
バイクは軽いので起こすのは簡単だけど、とにかく路面が滑る。
普通に立っているだけでもツルツル滑る。
転倒して進行方向と向きが逆になってしまった。

DSC01396.jpg
最終区ポイントにて

DSC01402.jpg

DSC01391.jpg

DSC01388.jpg
チェックポイントに戻らないバイクを心配する旅ガラスさん。
OさんのCT110がなかなかゴールせず、途中の県道がやや難解だった事もあってどこへ行ってしまったか心配し始めた頃、バイクを乗り換えて来られた夢の助さんとOさんが一緒にチェックポイントに戻って来た。

DSC01447.jpg
 

DSC01455.jpg
翌日はガソリンスタンドが近くにないとの事で給油を行ってから宿への移動となる。

DSC01489.jpg

DSC01483.jpg

DSC01478.jpg
 
DSC01507.jpg
今回の宿泊所は昨年の市区町村ツーリングでもお世話になった福島県大沼郡にある森の校舎カタクリさん
ここは廃校を利用した研修施設になっている。

DSC01498.jpg
部屋番号はこんな感じ、2年3組でくつろぐI高さん。

DSC01510.jpg
初日が終了、お疲れさまでした。


2014年5月16日~18日 第2回U-125ラリー

去る5月16日から3日間の日程で市区町村ナンバー限定のラリー競技である、U-125ラリーが行われました。

U-125ラリーはGRUPPO R.S.夏の大イベントであるスーパーラウンドラリーと同じような競技方法で多少ルールを緩やかにしている感じです。

IMGP0180.jpg
絶好の青空に恵まれて、第一集合場所である道の駅さかいには7人の参加者が集まりました。



第二集合場所の道の駅いちごの里よしみまではフリー走行です。



IMGP0182.jpg
ここで合計11人が集合し、本日の宿泊場所である鹿教湯温泉までの5区間に分けて競技をスタートします。
その前に、くじ引きでオフィシャルと競技者の分担と簡単な打ち合わせをします。



IMGP0183.jpg
この日の全員+途中までお見送りの一文字さんと共に写真を撮ってからラリーのスタートです。

GRUPPO R.S.のラリー競技とは決められた目的地(ポイント)まで一番早く到着した者が勝者、というのではなくオフシャルと呼ばれる二人組のライダーが最初にポイントに向けてスタートします。その15分後に競技者がスタートするわけですがオフィシャルがポイントに到着するまでにかかった時間に一番近かった競技者が勝者となります。二人のオフシャルの走り方や道路の状況を推理しながら走らないと競技者はなかなか勝つことができません。


IMGP0184.jpg
最初のポイントである道の駅おがわまちには皆順調に到着したようです。
平日の午前中ということもあり私たち以外にはほとんど誰もいませんでした。



IMGP0188.jpg
第二区は昼食場所である小鹿野までで、わらじかつ丼をいただきました。



IMGP0190.jpg
第三区は道の駅上野までです。
この辺りから信号の少ない道となり、走りも快適になりました。



IMGP0192.jpg
写真は最終第五区を全員無事に走りきって宿に到着していますが、第四区で国道が通行止めとなっていて迂回路を通るルートに変更になったためミスコースをする競技者が数人いました。



DSC_0138[2]
温泉でこの日の疲れを癒した後は、豪華な食事とこの日の第四区での波乱の出来事の一部始終に全員で大笑いしながら夜の宴は過ぎていくのでした。





明けて、5月17日。
IMGP0193.jpg
一日目総合一位のMさんは途中でマフラーのフランジを固定するナットを落としてしまい、朝から手持ちのナット数種類を見比べながら修理していました。



IMGP0196.jpg
第一区。フロントのオフィシャルがスタートしてから15分後、競技者が続々とスタートしていきます。



IMGP0199.jpg
第二区のフロントオフィシャルであるキングがポイントを通り越して三区のポイントである昼食場所まで走っていました。
余程長野県内の道が走りやすかったのだと思われます。



IMGP0200.jpg
昼ご飯は戸隠そばと沢山の山菜料理です。
そばの風味を引き立てる薄味のつけダレで次回は家族にもご馳走してあげようと思いました。



IMGP0201.jpg
戸隠から鬼無里を越えて白馬の道の駅に到着しました。
北アルプスにはまだたっぷりと残雪があり、そこから吹きつける風はとても冷たかったです。



IMGP0202.jpg
第五区は安曇野市のスイス村まで。
フロントオフィシャルがミスコースをしてしまい競技者の方が先にポイントに到着するというハプニングがあり、競技が不成立となりました。
総合タイムの帳尻を合わせながら走っている競技者にとっては競技不成立は痛手となることもあります。逆にこの競技不成立によってほくそ笑む競技者もいるはずです。それはその日の夜結果が出るまでわかりません。



IMGP0203.jpg
最終第六区、スイス村から青木村を経由して宿泊場所の鹿教湯温泉までです。
途中の県道は対向車が全く来ない獣道に毛が生えたような道でいつ行き止まりになってしまうのか不安に駆られながら走りました。峠を越えて小さな集落が見えた時には安堵感と達成感に包まれました。
そんな中、CB90改がパンク!!
前を走る競技者が気がついて、宿からレスキューに向かおうとしていたちょうどその時、自力で帰還しました。
あの道を知っている分、皆帰還を驚きと喜びで迎えました。



IMGP0204.jpg
温泉で疲れを癒して夕飯です。
波乱の二日目でしたが、夕飯になればその全てが話題と笑いに包まれます。

(2014年U-125ラリー結果)
1位 旅がらS  CL90  二度の競技不成立が功を奏しました。
2位 ジョージア  CB125JX改
3位 キングオブキング  XL125パリダカ



5月18日
二日目まででラリーの結果は出てしまっていますが、この日の昼食までの二区間を前日まで競技が成立しなかった区間賞をかけて急遽競技が行われることになりました。
IMGP0208.jpg
これまで区間賞を獲得できなかった方が3名いました。それ以外の参加者は既に帰宅モードになっているのか全体的にのんびりとした雰囲気です。
この日も気温が上がりそうな綺麗な青空が広がっています。



IMGP0209.jpg
今回の優勝車両CL90とCT110。
参加者中の小排気量車で決して早い車両ではありませんが、毎回元気な走りをしています。
レポーターはCL90オーナーですがU-125に参加する度に車両への愛着が湧いていきます。



IMGP0210.jpg
長野原草津口界隈で昼食をとり、赤城山の麓を快走して解散場所である道の駅赤城の恵に到着しました。
ここから自宅まではまだまだ100キロ以上の道のりがありますが、無事に第二回U-125 ラリーは終えることができました。

次回は10月初旬に一泊二日の日程で行われます。
興味がある方や参加してみたい方はお気軽にグルッポ役員にお問い合わせください。


(リンク)
シルバーさんのブログ  『走る銀色の矢』


HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。