プロフィール

GRUPPO1984

Author:GRUPPO1984
FC2ブログへようこそ!

GRUPPO twitter

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

GRUPPO R.S.イベントレポート

GRUPPO R.S.イベントレポート

第一回市区町村ナンバーラリー

6月2週目の週末、市区町村ナンバーツーリングを昇華させた形となる”U-125ラリー”が行われました。
参加者は14名。
二泊三日で行われたイベントはリタイアもなく?無事に終了しました。
クローズドイベントの為、日程、コースはいつも非公開で行われますが、今回走ったコースは以下の通りです。 
1日目  
第一集合ポイント 道の駅さかい 08:00
第2集合ポイント 道の駅たぬま 09:00

IMG_4871.jpg
道の駅さかいにて

IMG_4870.jpg
男は2ストだっ!!

IMG_4874.jpg
第二ポイント田沼へ向けて、天気が怪しい、、、。

IMG_4873.jpg
田沼にて、全区間のオフィシャル決めと競技の説明、9時30分先行オフィシャルスタートとなりラリーが始まる。

1日目  09:30 オフィシャルスタート
1区 国293北上 大柿十文字で県37へ左折 県15へ右折 赤石橋まで。(39km)
IMG_4714.jpg
いやー、オフィシャル速かったです。
バイクいきなりぶっ壊れるかな〜、と思いました。
タイム計測中の先行オフィシャル、皆さんご存知、、、、。

IMG_4717.jpg
競技者が続々ゴールしますが、この区間は一番最初に着いたジョージアさんが区間賞を獲得しました。
この区間でもう一台2スト参加のAR80がエンジントラブル。
早々にリタイヤか?と思われましたが、軽トラにバイクを積載して帰還?別のバイクに乗り換えて戻ってくるとの事。

2区 赤石橋の先 県241へ左折 北上すると古峯が原街道になる(県14 フォレストビレッジで県58へ 前日光高原の先 左折 ハイランドロッジまで(36km)
DSC00463.jpg
標高があがり、気温は下がります。
この区間開始直後、M崎さんのパリダカがエンジン始動せず、しかもリアオフィシャルだった為に不調に誰も気づかれなかった。
トラブルの原因は色々厄介なCDIのパンク、スペアと交換して3区から競技に復活した。

DSC00460.jpg
この区間の先行オフィシャルのバイク、今回はCBX125の参加が多かったです。

3区 県58に戻り粕尾峠で県15右折 国122左折 下田沢で県62右折しゃくなげの湯の先 赤城道路へ左折 赤城大沼まで。(80km)

DSC00468_20130610122353.jpg
今回最も長い区間。
朝から不安定な天候だったが、2区目で雨具を外してしまった者には途中ちょっとしたタイムロスが待っていた。
思いのほか雨が強くなり、諦めて雨具を装着する事に。

IMG_4739.jpg
3区のオフィシャル、ジョージアさんと今回最小排気量で参加の旅がらSさん。
この区間、旅がらSさんは原因不明のリアタイヤロックで転倒。

IMG_4872_20130610122252.jpg
大事には至らなかったがクラッチレバーが破損、しかし絶妙なスポットに入っているとか?で操作に大きな支障がなく、結局レバーがおれた状態のままラリーを走破した。
ジョージアさん曰く、転倒したにも関わらずその後に恐怖を微塵も感じさせない走りには感心したとのこと。
この区間から昼飯抜きになったMさんがAR80からCT110に乗り換えて競技に復活した。

IMG_4747.jpg
さらにパリダカも復活

4区 赤城道路県4で下り 空っ風街道へ右折 県70へ左折そのまま国353に入り
   国17を突っ切り 県33へ 榛名湖畔の駐車場まで。(52km)
IMG_4744.jpg
4区スタート前にルートを再確認する先行オフィシャル、今回最も最新式のバイクKSR

IMG_4756.jpg
榛名湖畔にて

IMG_4760.jpg

5区 榛名湖から県28へ 約14km先 榛名西麓広域農道へ左折 県33へ右折
   国406へ右折 500m先のセブンイレブンまで。(28km)
   近くのガソリンスタンドで給油後 宿(はまゆう山壮)まで フリー走行(18km)
初日の競技が無事に終了した。
市区町村という事でもないけれど、特にオイル交換やら何やら大きな整備を必要とする車両も無く、ほとんどの参加者が夕飯前に風呂を!という事で温泉へと向かった。
夕食後に結果発表。
IMG_4769.jpg


2日目   09:00 オフィシャルスタート

DSC00476.jpg
参加賞のTシャツを着まして、恒例の記念撮影。
マッツンCBX125が合流して14名となる。

DSC00472.jpg
念のためにレバーを接着剤で付けてみたと言う旅がらSさんは入念なチェックを行っていた。

DSC00479.jpg
うまいライダーだったらバイクの排気量や性能なんて関係ないのだ、このお二人の下りの速さは半端じゃなかった、、。
皆その速さに舌を巻いた。

DSC00483.jpg

DSC00486.jpg
区間ごとの距離が短いため、ゆったり目のラリーとなる、朝ものんびりスタート

IMG_4854.jpg
定刻通り先行オフィシャルがスタート


1区 宿から県54経由 国406草津街道へ左折 国145バイパスへ左折して国292草津道路へ直進 道の駅 草津運動茶屋公園まで。(50km)
IMG_4799.jpg
初日の天気と打って変わりツーリング日和となった2日目は、多くのライダーと遭遇した。

2区 国292で志賀高原方面へ 渋峠の先 横手山ドライブインまで。(28km)
今回最も雄大な景色を楽しむ事が出来た区間ではないかと思う。
しかし高度が上がるにつれ霧は出てくるし気温は下がるし、ポイント地点は恐らく8度位だったのではないだろうか?
先行オフィシャルはTLとCB90ss
ポイントに着いて数分もしないうちにジョージアさんがやって来た。DSC00498.jpg 

DSC00503.jpg

DSC00504.jpgさみいよー!!

DSC00509.jpg
濃霧で視界が悪い、この手前迄は見応えのある風景だったが、、、。

DSC00517.jpg
何も見えなかった、、、。



3区 県66 豊野南志賀公園線へ左折 県66と国403の交差点を突っ切って 突き当り右折 約500m先の道の駅オアシスおぶせまで。ここで昼食  (45km) 



IMG_4857.jpg
昼食後オフィシャルスタート

4区 国403に戻り南下 すざかで県112に左折 50m先で国406になり菅平交差点の手前のコンビニ(セブンイレブン)まで。 (35km)

DSC00525.jpg気温も天候もまるで違う。

DSC00528.jpg

DSC00538.jpg

DSC00541.jpg
シルバーさんとCBX125、なかなかレアな組み合わせ?
N藤さんとパリダカも、ですが、、、、。

5区 国406南下 菅平口で国144に直進合流 横沢で県4に左折 鞍掛交差点で県79に左折 1.5km先の別府交差点セイブオンまで。 (28km)
DSC00544.jpg
残す所あと1区、いやぁ疲れましたね。

IMG_4852.jpg
競技最終区間の先行オフィシャルがスタート。

IMG_4851.jpg
そして15分後に競技者がスタート

6区 県94北上 鹿沢高原の先で つまごいパノラマラインに右折 県235に突き当り右折 北軽井沢交差点のセイブオンまで。 (37km)
   県54で宿までフリー走行 (19km)
以上で競技区間が終了しました。

2日間かけて行われた競技の結果、キングオブキングが第一回U-125RALLYを制覇しました。
DSC00586.jpg
キングオブキング パリダカはオフィシャルタイムプラス2分29秒
今回の為に調達したしたこのパリダカは既にタイトルを獲得したという事もあり、グルッポマーケットにその姿を見ることはそう遠い未来では無いだろう。

DSC00580.jpg
ぎらぎら CBX125 初日に区間賞も2個ゲット、オフィシャルタイムマイナス3分37秒だった。

DSC00588.jpg
ナイヨナンバー CBX125 オフィシャルタイムプラス4分17秒。

今回は14台のうち6台がホンダのCBXだった。
こんなに集まる事も無いだろうと並べて写真を撮る事にした。
DSC00567_20130610140737.jpg
ちょっとしたオーナーズミーティング状態。

3日目
   9:00出発 県54 権田交差点で国406に左折 北上 鳴瀬交差点で県58に右折
   群馬原町の大戸口交差点で県35に右折 渋川へ 1日目に来た道 国353を逆に
   溝呂木で右折 道の駅 ぐりーんふらわー牧場まで。 (75km)
   国353あかぎ交差点 右折 線路渡ってすぐの大間々7丁目交差点 直進で県78に
   国50左折 桐生市内にて昼食後 解散。(25km)

DSC00688.jpg

DSC00648.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
参加の皆様、ありがとうございました、次は夏のラリーで会いましょう!
企画、運営してくださった幹事さん、ありがとうございました。


   

スポンサーサイト

市区町村 2日目

securedownload.jpg
 
シルバーさんから先日の市区町村ナンバーツーリング集合写真の画像を頂きました。
2日目、宿の前にて。
初日から色々トラブルあったようですが、大きな怪我も無く皆さん無事に帰還されたようです。
次の市区町ナンバーツーリングは秋に予定しております、お楽しみに~!

2012年市区町村ツーリング

6月16日、17日、一泊二日のクローズドイベント市区町村ナンバーツーリングが行われました。
土曜日は朝から生憎の雨!
皆さんトラブル無く帰還されたでしょうか!?
IMG_4309.jpg

IMG_1278.jpg

IMG_1276.jpg

IMG_1277q.jpg

IMG_1279.jpg





2011年 秋の市区町村ナンバーツーリング

10月16日日曜日、前日の悪天候が嘘のように晴れ渡れわたり、とはいきませんが、天候の回復を期待して予定通り市区町村ナンバーツーリングが行われました。
集合場所が二カ所設定され、それぞれ9時道の駅境、10時道の駅田沼となっております。
レポーターは午後から仕事のためとりあえず1区間でも走る事にして境へ向かいました。
集合時間を8時と間違え自宅を出たのが7時、雨は既に上がっていましたがどんよりとした空模様の元雨具持参です。
境には予定の30分程前に到着、天候も微妙なので一体何台来るのやら?とやや不安ではあったものの集合時間が近づくと小さなバイク達が着々と集まって参りました。
DSC00305.jpg
いつ倒れてもおかしくないくらいのスタンドの角度!

DSC00291.jpg
少し手前でクラッチワイヤー切れ、も~がっくりだよ~!

DSC00296.jpg
今年は昨年のリベンジと完調に整備されたCLで、長野県からの自走です!

DSC00324.jpg
圧倒的にHONDAの参加が多いので2ストロークは新鮮です。
キャストホイールが良いですね~。

DSC00310.jpg
APEも面白そうです。
現行車は何より色々なパーツがあって良いですね。

DSC00320.jpg
出発迄しばしのバイク談義です。
 
DSC00313.jpg
簡単なコース説明があって、次の集合場所へと出発です。

DSC00331.jpg
空はどんよりと、さて天気の復活は、、、、?

約1時間程で田沼に到着です。
堺を出発する時点で既に2台がマシントラブルでリタイヤ、さらに田沼の手前でI澤さんのCS90がストップ。
DSC00334.jpg
突然止まったんだよ~、、、、。
昨年はバルブの不調で白煙吹きまくりだったCSですが本日は絶好調、突然のストップも押しがけで復活しました。

DSC00345.jpg

DSC00337.jpg
田沼に着く頃には天気がしっかりと回復!
刺す様な日差しで汗ばむ陽気となりました!
田沼にはすでに栃木方面の皆さんが待っていました。
今年はラウンドツーリングが千葉中心に行われていることもあって、栃木方面の皆さんとはかなり久々に会う気がします、ああっ!
あの男前だったハヤロイドさんが、、、、!
減量のやり過ぎか、はたまた人には言えない悩み事のせいでしょうか、
DSC00350.jpg
こんなに痩せてしまっていました!

立っているのも辛そうで、集合写真からでもその痛々しい姿が伺い知れます!
DSC00351.jpg

境からの出発隊は途中でI藤さんのCB125がパンクでリタイヤ、合計3名のリタイヤを出す波乱のスタートとなりました。
これはこの後カッポさんを筆頭に何かトラブルが起きる事は必須です!
次のポイント迄皆さんと一緒に走リたかったのですが、レポーターは都合によりここで退散です。
さてこれ以降のレポートは以下青文字クリックしてご覧下さい!

シルバーさんのブログ 
カッポさんのブログ
旅がらSさんのブログ
たなかしさんのブログ
ターボンさんのブログ
ハヤロイドさんのブログ

参加の皆様お疲れさまでした!
また一緒に走りましょう!

2011 市区町村ナンバーツーリング

IMG_0082.jpg
クローズドイベントとなる市区町村限定ナンバーツーリングが5月21日から一泊の日程で行われました。
最初の集合地点である道の駅さかいにて13名の参加者を見送ります。IMG_0100.jpg

IMG_0105.jpg
幹事さんがコースの説明を行います。
IMG_0128.jpg
道の駅から昼食場所迄の区間は約90キロ。
競技前のウォーミングアップ?です。
IMG_0131.jpg

2000年11月に初めて個人主催イベントとして行われた市区町村ナンバーツーリングは、現在、春に一泊そして秋には日帰りと、年二回行われるようになりました。
過去のレポートを見てみましょう。
一泊で行われるツーリングは宿迄の道中、夏に行われるラリーと同じエキサイティングな競技が行われます。
決められた区間を先に走るオフィシャルがどれくらいのタイムで走ったかを推理するというゲームです。
早すぎても遅すぎても駄目、オフィシャルの走ったタイムにより近い者が勝ちになりますが、狙ってもなかなかうまくいくものではありません。
わずかなパワーを最大限に使って走る楽しさに、病み付きになってしまう方が多いようです。
さて市区町村ナンバーツーリングその後は、、、、こちら→走る銀の矢をクリック!
HOMENEXT →
広告: