プロフィール

GRUPPO1984

Author:GRUPPO1984
FC2ブログへようこそ!

GRUPPO twitter

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

GRUPPO R.S.イベントレポート

GRUPPO R.S.イベントレポート

2016年 第4回シングルドカティラリー

posted by (C)arata

10月2週目に行われた第4回シングルドカティラリーです。
走行イベントとなるとやや尻込みされる方が多いようで、参加メンバーもいつもと同じ顔ぶれとなりましたが、
今回はイベント参加を楽しみにされていた初参加の方を合わせて13名が集まりました。

シングルドカと銘打ってはありますが、興味のある方であればどなたでも参加できる、
決して敷居の高くはないイベントでありまして、13台のうち11台がドカティの単気筒バイク。
このクラブにいるともはや珍しいバイクではありませんが、10数台も集まるとやはり圧巻です。

10月2週目の土曜日、羽生のファミリーレストランに集合、昼食の後先行オフィシャルがスタートして競技が開始されます。
夏のラリーほどハードなものではなく、スタート地点から、ゴールの宿までの約150キロを3区間に分けて競技区間とし、
先行オフィシャルが走った時間と同じ時間を予測して走るお馴染みのルール。
早すぎても遅すぎてもダメ、決してスピードを競うものではないのですが、
ひとたび仲間と走り出し、ワインディングに差し掛かるとそこそこのペースになってしまいます。
今では一部騒音になってしまう賑やかなマフラーのサウンドは、好きな者にしかわからない心地よさを与えてくれ、
競技を忘れ、ひたすら走る事に没頭してしまうのです。


第1区 埼玉県羽生市東7丁目4 ~ 児玉郡上里町大字長浜  約45キロ

098.jpg
第1区チェックポイントにて、
昼食時くじ引きで決められた先行オフィシャルのU代さんとイエローデスモ、競技者の到着を待つ

到着後早いと5分ほどで競技者がやってくる。
101.jpg

夏から導入されたバーコード読み取り機によるタイムチェック
102.jpg
バーコードの導入により、後のタイム確認が正確に迅速に行えるようになった。

108.jpg
続々と競技者がやってきます。
赤のダイアナは今回初めて参加された、Wさん。


第2区 埼玉県児玉郡上里町大字長浜 ~ 群馬県安中市松井田町五料 約39キロ

178.jpg
第2区先行オフィシャルのG藤さんとテツのエリート。
G藤さんとドカシングルというのはなかなか新鮮です、さすがに寒いのでタンクトップではありません。

177.jpg
先行オフィシャルスタート後10分から競技者はスタートできます。

171.jpg
スタートまで歓談タイムです。

174.jpg
スタートを待つ間には写真では伝えられない、面白いやり取りがあったりします。
搭載したバイクのナビゲーションが不調でやや不安げなキングと、その様子を見て「なんかいつもより小さくなってない?」と茶化すギラギラさん。

169.jpg
10分が経過しました、早めの出発でゆっくり走る作戦、15分後のスタートでオフィシャルのタイムを予測する作戦、走り方は自由です。

166.jpg

165.jpg

163.jpg

162.jpg
2区は競技区間中で地元お祭りが開催され、途中で通行止になっていました。
ルート制作は膨大な量の情報検索が必要で、流石に全ての情報を拾うことは難しい作業であります。
ただこうしたイレギュラーがあるからこそ、ゲームが予測できない面白いものになるのです。
果たしてこの区間の区間賞は誰がゲットしたのでしょうか??


第3区 群馬県安中市松井田町五料 ~ 高崎市倉渕町川浦 約59キロ

157.jpg
最終区は2区の競技区間が通行止で途中で終わった為、実際には70キロ程走る事になったでしょうか?
祭りを迂回する事になりますが、途中でルートがわからなくなったりして混乱しました。
ちゃんと地図を見ていればそんな事も起きないのでしょうが、便利なナビには咄嗟に対応できない落とし穴があったりします。

153.jpg
ドカティ単気筒はリッターあたり20〜25は走るでしょうか?
給油のタイミングも大切です。

特に大きなトラブルもなく全てのバイクが宿に到着しました。
一風呂浴びてサッパリした後は楽しい夕食となります。
夕食後今回の競技結果発表となりますが、区間賞を取っても上位に入賞する事はなく、
また区間賞を取っても3位までという結果になりました。

IMG_7017.jpg
3位マッドデューク ヴェスパ

IMG_7028.jpg
2位テツ エリート

IMG_7021.jpg
優勝キングオブキング イエローデスモ

シングルドカティラリーの結果をもって、年間の全ての競技結果の合計獲得ポイントで決まる、グランドチャンピオンが決定します。
今回は最年長のI藤さんとS藤さんが1ポイント差で競り合う状況となっておりましたが、結局I藤さんが逃げ切り2016年度のグランドチャンピオンとなりました。

135.jpg
翌朝はゆっくりめのスタートで、記念撮影後宿にて解散となりました。

参加の皆様ありがとうございました。
コース製作諸々担当の皆様、お疲れ様でした。
今回の参加賞は来月初旬に完成予定です、もうしばしお待ちください。


スポンサーサイト

2014年5月4日 日曜日 シングルドカティミーティング 

2014年度シングルドカミーティング、今回も大勢の方に参加いただきました。

IMG_0475.jpg
好天に恵まれバイク日和となりました。
それでも日陰はやや寒いくらい、日向ぼっこをしながらいつもののんびりしたミーティングの風景。

IMG_0493.jpg
キャブセッティングが決まらずにアイドリングが続かない?
暫くぶりに走ってるのを見たエリートですが、このエリートはホントに丈夫で壊れません!

IMG_0488.jpg
二輪ならぬ二足で走って来たヨネシンさん、ドカオーナーになる日は近い??

IMG_0471.jpg
シングルドカに初挑戦?
女性オーナーが増えて欲しいですね。

IMG_0465.jpg

IMG_0497.jpg
アイドリングもの凄く静かでしたね〜。
センス良くカスタムされた1台です。

IMG_0480.jpg

IMG_0481.jpg
もうかなり前になりますが、環七でみかけたシングルです。
オーナーさんはほぼ毎日通勤に乗られているそうです。
バイクをピカピカに磨かれている方は多いですが、個人的に僕はこういう雰囲気が好きですね。
バイクも年相応に、オーナーさんの言葉が印象的でした。

IMG_0483.jpg

IMG_0485.jpg
ミーティングでお馴染みの光景。
ちょっとした不調は、皆であーでもないこーでもないと修理しちゃいます。

IMG_0501.jpg

IMG_0504.jpg

IMG_0508.jpg

IMG_0452.jpg
参加の皆様、ありがとうございました。
ドカシングル関連のイベントは次回は秋のラリーになります。
グルッポは他にも色々なイベントが有りますので、是非そちらにもご参加ください。

第一回シングルドカティラリー

2013年11月2、3日の日程で初の宿泊イベントとなるシングルドカティラリーが行われました。
ミーティングを昇華させた形となるイベントをいずれ行いたいという思いが形となり、今回イベント開催の運びとなりました。
記念すべき第一回は紅葉見頃が間近となる群馬県榛名湖にて行われ、榛名湖一周をオフィシャルが走行したタイムを推理しながら走る、いつものシンプルなルールで競技が行われました。

榛名湖一番乗りのG藤さんは今年遂にシングルを入手されました。
DSC00963.jpg
G藤さんとMK3DESMO

DSC00966.jpg袖ヶ浦サーキットで行われたドカティデイの時に皆でよってたかって始動を試みたドカティです。
まだ20キロ程しか乗っていないとの事で、調子は良いのですが信号待ちでエンジンストールするそう。
ちょっと乗らせていただきましたが、セパハンにやや前よりにあるステップ位置の独特なポジション!
MK3に乗っていた頃を思い出します。
弾けるサウンドに軽いクラッチ、とても調子は良いのですが方向転換をしようと減速すると確かにエンスト。
さて原因はなんでしょうか??
 
DSC00975.jpgお昼近くなって轟音と共に千葉方面の参加者が集合場所にやって来ます。
彼等もそうですが、自走で参加の方にとってはここまで来るまでが既に長いツーリングです。

当日の天候は朝はそれなりに冷え込みましたが、徐々に気温が上がりツーリングには最適な気候となりました。
集合場所となったロープウェー乗り場の駐車場は連休初日もあって観光客で結構賑やかでした。
DSC00967.jpg

DSC00979.jpg

DSC00985.jpgもはや見慣れた光景ですが、ズラッと並ぶと圧巻です。

DSC00988.jpg普段はなかなか他のバイクを見る機会はありませんが、十分に時間があるので他のバイクに股がってみたり、あれこれ相談してみたりと、より濃い時間を皆さん過ごしております。
バイク談義は尽きません。

昼食後にいよいよ榛名湖一周のタイム計測を始めます。
榛名湖一周と言っても何カ所か分岐があるのでUtaさんのIPADを借りて簡単なコース説明。
一人一人時間を空けてスタートします。
榛名湖一周は約10分程、一番最初に戻って来たのは900SSで参加のI沢さんでした。

DSC00992.jpg「調子良いじゃない!」「いや〜まだまだなんだよ、、、」
トップバッターのG藤さんはスタートして直ぐにエンストで止まっていました、、、。


DSC01000_20131106161527fbd.jpg
マッハ1は人気でした。貴重なモデルですが、こうして乗る事に意味が有ると思います。
でも流石に夏のラリーにはきつい??

DSC01025.jpg最も個性的なカスタムがされたSTUPIDCROWNMUNEさんのシングル。

DSC01015.jpgモデルプレートが付いたエンジン。もう一台付いているのを見た事が有りますが、それもシルバーショットガンでした。

DSC01010.jpg今や当たり前になったバイク用のナビですが、セパハンシングルは取り付けに一工夫が必要です。

タイム計測終了後、今年U-125ラリーの際にお世話になったはまゆう山荘へ冷え込んで来る前に移動です。
夕食後に榛名湖一周で計測したタイムから1位を決定。
オフィシャルタイムは10分丁度で、シルバーショットガンで東京から参加されたOさんが20秒プラスで優勝されました。
OさんのシルバーショットガンはN藤さんのシルバーショットガンに負けないくらい年季の入った個体で、大切にのられて来た事が伺える雰囲気のあるバイクです。

翌朝、参加記念のスェットを着用して恒例の記念撮影、その後解散となりました。
_DSC5241.jpg



参加の皆様ありがとうございました。
シングルドカティラリーも今後、2回3回と回数を重ねて行きたいと思います。

シングルドカティツーリング

11月7日 日曜日 シングルドカティツーリングが行われました。
DSC01936n.jpg
道の駅しょうなんにて、
DSC01952n.jpg10時集合、約一時間程歓談タイムです。

DSC01962n.jpg

シャトーカミヤ迄約40キロ程のツーリングをしましたが、この日は天気も良く大安だったりして、カミヤでの昼食を断念する事となりました。
近くのファミレスで昼食後集合写真を撮って解散。
DSC01963n.jpg
集合写真は笑顔でっにっこりと!↓


DSC01964n.jpgハイッ、良く出来ました!


参加の皆様ありがとうございました!
また次回会いましょう!
HOME
広告: