プロフィール

GRUPPO1984

Author:GRUPPO1984
FC2ブログへようこそ!

GRUPPO twitter

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

GRUPPO R.S.イベントレポート

GRUPPO R.S.イベントレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 第26回スーパーラウンドラリー その2

2日目
昨年までと違い同じ宿への連泊となる為、朝もややのんびりムードとなるが朝から雲行きが怪しい。
朝飯を済ませて、参加賞Tシャツを着ての記念撮影。
DSC00851.jpg
座ってみたり、つなぎを脱いだり、Tシャツを後ろ前に着てみたりと、記念撮影にもそれなりに準備が必要。

DSC00853.jpg
黄色は初日マイヨジョーヌを獲得したシルバーさん。
CL72で参戦のシルバーさんは絶好調でなんと初日に2個の区間賞をゲットしダントツの1位となった。
Tシャツは参加賞、区間賞、マイヨ、優勝と全部で4色なので、既に3色獲得したシルバーさんにとってはあと1色を獲得できるか?どうかというところ。
本人はもうこれだけ取れたからあとはどーでも良い、というのは本心かどうか定かではないが、、、。

8:45、先行オフィシャルがスタート。
オフィシャルは旅ガラスさんのCB750とDUCATI CONDOR。
この組み合わせは今回参加中最も排気量の大きいバイクと、最も遅いバイクとなる。
排気量の差こそ有るけれど、この2台はその性格も全く逆のバイクだ。
スイス軍が実際に使用していたCONDORは、馬力がせいぜい15馬力しか無く圧縮比が8対1。
350のシングルが約30馬力と言われているのでCONDORは半分くらいのパワーしか無いのである。
さらにCONDORは非常に重たいバイクでトップスピードはせいぜい100キロ、80キロ巡航を続けるのも結構きついバイクだったりする。

宿から県道を戻り国道459、国道121号と着た辺りでパラパラしていた雨が本格的に降ってくることとなった。
県7号に入って間もなくのところで雨具を着ようという事になりバイクを停車。
チェックポイント到着時には完全に雨模様となった。

DSC00854.jpg

DSC00860.jpg
第一チェックポイント道の駅磐梯にて。

DSC00867.jpg


二区
県7から64左折磐梯山ゴールドラインとなり、国459右折、剣が峰交差点先磐梯吾妻レークラインへ左折
この区間は延々細かい粒の雨に降られ、さらに霧により視界が悪く景色を楽しむどころではなかった。

DSC00884.jpg
完調になった歌さんのドカティが歯切れの良い音をさせて駆け抜けて行く、

DSC00891.jpg
なんとなくペースが揃い、暫くの間競技者の団子状態が続いた。
視界が悪いため無理をせず、オフィシャルのペースを推理しながら進む。

DSC00902.jpg
第2チェックポイントにて。
DSC00923.jpg

DSC00908.jpg
さぁーて次はどんな風に走りましょうかねぇ?そんな相談をしているのかもしれない、、、。
CB125ジョージアさんは初日2位。
ジョージアさんはシルバーさんのペースをかなり意識していたとの事。

E58699E79C9F-21.jpgラリー仕様のゴリラタンクはお馴染みS藤さんのSL90、エンジンパワーアップに足回りも十分に強化、しかし激しい走りにエンジンが悲鳴を上げる?


3区目になってようやく雨が上がり陽射しも出る様になった。
この区間は磐梯吾妻スカイラインの絶景を眺める事が出来たが、どこで写真を撮ろうか考えているうちに通り過ぎるという失態をやらかしてしまった。

DSC00927.jpg
絶景を通り越して少し走ったところでシルバーさんがヒューズ切れで停車していた。

そういえばCONDORにどんなヒューズが付いているか見ていないなぁと思いつつ、先に進む事にした。
磐梯吾妻スカイラインを抜けたあとに福島西部広域農道へ右折、国道115左折し、すぐ右の昼食場所まで。
この辺りがちょっと複雑でウロウロしていると旅ガラスさんが見えたが、曲がって行った方向がどうも違うような気がした。
そのあとやって来たシルバーさんと、旅ガラスさんが左折して行った場所を直進しそのまま昼食場所に向かった。

DSC00931.jpg
昼食場所福島県福島市味処こけしの里にて。
暫くして到着した旅ガラスさん「僕は真面目に走ってるんですけどね〜」と、昨年とは勝手が違う様子。
昼食は海鮮丼に蕎麦の組み合わせ、週末の昼食時店は賑わっていた。

お腹が一杯になったところで午後の競技スタート
DSC00938.jpg
「ずっと〜キロ巡航で行きますからねぇ〜」と怪しげな情報で撹乱作戦?をするI高氏とCB250RS、初日に区間賞を獲得しもう十分満足な様子。
同じくオフィシャルのK嶋さんはI高氏に付いていけるかどうかやや緊張??

DSC00954.jpg
四区チェックポイント道の駅七が宿にて。

五区はジョージアさんと先行オフィシャルだった。
五区チェックポイント291.jpg


最終区
先行オフィシャルはシルバーさんと一文字さん。
E58699E79C9F-26.jpg

ラリーは先行オフィシャルがポイントと決めた場所がポイントになる訳で(当然常識の範囲では有るけれど、)思いもかけない場所でポイントになっていたりする事がある。
何十年もラリーに参加のベテラン勢はすぐさま先行オフィシャルが何かやるだろうと予測をした。
何かをするには最終区はもってこいの条件で、その予測は的中する。

国287直進、羽前小松駅前交差点を県8右折、道なりで県4となり、国121右折、県333交差点まで。
国道121を右折すると道の駅田沢の看板が見えて、や〜な予感がするなと思ってカーブを曲がるとそこにポイントが出来ていた!
これはコース全体の3分の2位の地点だろうか?
皆一様にやられた〜と思ったに違いない。

2日間12区間の競技が終了した。
優勝は初日からトップのシルバーさんとCL72
2位、ジョージアさんとCB125
3位、I高さんとCB250RS

残念ながらレポーターは宿に戻って結果発表後に本隊を離れて帰宅となったので、3日目のレポートが無い。
ラリーを通しての詳細はシルバーさんのブログにも出ていますのでご覧下さい!





スポンサーサイト

2013年 第26回スーパーラウンドラリー そのⅠ

8月2、3、4の日程でスーパーラウンドラリーが行われた。
グルッポの数あるイベントの中で最もエキサイティングなこのイベントも26回目を迎え、今年は過去のレギュレーションの見直し、といっても事実上レギュレーションが廃止となり、その分競技で獲得したポイントに参加するバイクの年式や足回りの構造、排気量等から発生するポイントの増減を加味するシステムとなった。
日程も2泊3日に短縮され、さらに初日の宿を中心としたコース構成という事で、昨年よりも敷居を低く、言い換えれば誰でも参加しやすいラリーとなった。

E58699E79C9F-1.jpg
8月2日、金曜日午前8時、道の駅さかいに集合。
昨年まではまだ日が昇らない暗い時間の集合だったので、いつもより緊張感の少ないのんびりムードが漂う。
DSC00695.jpg

DSC00705.jpg

DSC00701.jpg

DSC00697.jpg

栃木方面からの参加者は途中雨にあたり、スタート前から既に雨具を装着という状態、実際さかいからは栃木方面に戻るコースとなる為、雨具を着ていくかどうか悩むところ。
この週末、天気予報は決して良くはないが雨が続くという予報でもなかった様に思う、しかし元来天気予報はあてにならないものだし、ここ数年の突発的な豪雨にこの後何度か遭遇する事になる。
参加者は15名であったが、1名風邪でダウンして14名でのスタートとなった。
今年から変更になったのはレギュレーションだけでなくスタート方式も変更になり、先行オフィシャルスタート後15分後のスタートを、10分後から可能とした。
securedownload_201308111206297aa.jpeg
昨年優勝した旅ガラスさんのCB750、今年は初日一区目からトランポ当番。

さかいから約40キロ茨城県桜川市 第Ⅰチェックポイントにて。E58699E79C9F-131.jpg

リアオフィシャルの歌さんのドカがキックペダル脱落のトラブル。E58699E79C9F-2.jpg
幸い部品の紛失は免れたが、思いもよらないトラブルが突然起きる。

DSC00711.jpg

2区先行オフィシャル、シルバーショットのぎらぎらさん。
E58699E79C9F-11.jpg

良いペースで走ってきたので時間調整の為途中で給油。
E58699E79C9F-14.jpg
時間調整が良い結果を招くかどうか?それは全く予測出来ない。

第3チェックポイントは県道27号線の先で通行止め区間がありコース変更により、競技を行わずそのまま昼食場所へ直行となった。
E58699E79C9F-3.jpg
昼食場所までのルート確認。
フリー区間の為、通行止め区間を迂回して本来の競技コースを走った参加者もいて、実際クルマの往来も少なくとても良い道だったとの事で、そっちへ進路をとらなかった事を後悔した。

DSC00720.jpg
ラリー中の楽しみの一つ、昼食は栃木県那須町の丁子屋にて。
店構えがなんとも雰囲気があってよろしく、店内も年代を感じさせる。

E58699E79C9F-9.jpg
高価になってしまった鰻に舌鼓をうち、午前中の疲れが癒されるときである。

結局4区を2分割とし午後の競技が再開。
E58699E79C9F-5.jpg
3区チェックポイントにて

E58699E79C9F-15.jpg

E58699E79C9F-16.jpg
午前中と午後のトランポ当番が交代。満面の笑み、走る時が待ち遠しい。

E58699E79C9F-17.jpg
4区先行オフィシャル歌さんと一文字さんがスタート。
オフィシャルスタート後ぼちぼち空模様が怪しくなり、カッパを着てスタートするか、途中で着るかの判断が迫られる事となる。

DSC00733.jpg
極力雨具は身に着けたくないものでそのままスタートするものの、途中で結局雨となり、雨具を身につける事となる。
雨具を着ると途端に凄まじい雨になった。
雨は嫌なものであるがこんな天気の中を走るのもラリーの醍醐味だったりする。

4区チェックポイント道の駅羽鳥高原湖高原にて
E58699E79C9F-6_20130811141940560.jpg

DSC00764.jpg

DSC00742.jpg
コース確認中のシルバーラインさん
シルバー「ここ真っすぐあがっていけばいいんですよね?」
ジョージア「うん?多分そうだよ、、、。」

securedownload-2_2013081114331300b.jpeg

securedownload-1_20130811171040570.jpeg12年ぶりにラリーに帰ってきたK嶋さんと最後のSR。
初日1区でN藤さんとオフィシャルを走っただけで、12年前の感覚が一気に蘇り、グルッポ走りに切り替わりました!
1.jpegスタートまで暫しの待機。

五区先行オフィシャルがスタート、
DSC00738.jpg

DSC00754.jpg
画像は先行オフィシャルがスタートした直後であるが、ミスコースをとらえた画像でもある、しかしスタートを見送ったどの競技者もそれがミスコースだと気づかず後を追う事になる。
10分後にスタートした競技者は前方から猛然と引き返してくる先行オフィシャルを見て何が起きたか戸惑ったに違いない。
まだスタートしていない競技者達は戻ってくる先行オフィシャルと、後に続く競技者を見てオフィシャルがミスコースした事を知る訳だが、果たしてこの区間競技が成立するのかどうか?
競技が成立する場合はそれなりに時間調整が必要になりそうだが、、、。

E58699E79C9F-18.jpg
画像は5区の競技区間中に時間調整をする競技者。
他の競技者がどの辺りを走っているか情報交換、しかし誰が前を走っていたか、誰が後を走っていたかわからず、情報が錯綜してやや混乱状態。

5区チェックポイントにて
E58699E79C9F-8.jpg
オフィシャルのタイムチェックが有り、競技が成立したようである。
後で聞いた話であるが、ミスコースに気づいたオフィシャルはただちに元来た道を引き返し、途中で唖然とする競技者を横目にとにかく正規ルートに戻る事に必死だった、途中までI高氏の猛追にあったそうであるが、なんとか振り切って競技を成立させたとのこと。

本日最終区
先行オフィシャルの2人を見て誰もがこの区間はSSに間違いないだろうと、思った。
先行はジョージアさんとI高氏。
スタート合図と共にもの凄い勢いで走っていく姿はSSとの思い込みに拍車をかけた。
競技者はほぼ10分後にスタートし、結構なペースでチェックポイントを目指した。
118号線を北上し南若松で県道64号線右折、この辺りから先頭集団の5台は全てシングルドカ、まるでシングルドカツーリング状態!!
先頭集団は121号に入ってどこかでミスコース、国道459を越えてチェックポイントが無い事に気づき、急いで来た道を引き返す。

E58699E79C9F-7.jpg
到着する競技者達をみてニヤニヤする先行オフィシャルの2人。
結局この最終区、追い越しをほとんどすることもなくのんびり走ったとのこと、SSだと思い込んでハイペースで滑り込んで来たバイクはほぼマイナスポイントが付く結果となった。
先頭シングルドカ集団はミスコースが幸いしマイナスは逃れる事になったが、ラリーはだまし合い!
オフィシャルの策にほとんどの競技者がはまってしまった!!

DSC00794.jpg

DSC00800.jpg
何が起きるかわからない、予測が難しいのがラリーの面白いところ。

競技終了後宿へ移動。DSC00805.jpg

一日を終え整備の時間となる。DSC00824.jpg

DSC00812.jpg

走り終えて得た情報からキャブセッティングを変更するジョージアさん。DSC00816.jpg

DSC00813.jpg

DSC00831.jpg
こちらはいまいち吹けの悪い歌さんのドカティの原因を調べているところ。

DSC00830.jpg
電装をうたがって、ポイントギャップ調整、コンデンサーの交換をしてみるも、チョークワイヤーの取り回しに異常がある事が判明。

DSC00834.jpg
ワイヤーの取り回しを変えると、今までの不調が嘘みたいだ!と絶好調になったバイクに喜ぶ歌さんであった。

DSC00840.jpg
一風呂浴びてお待ちかねの夕食、さて本日の結果はいかに?

その2へ続く
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。