プロフィール

GRUPPO1984

Author:GRUPPO1984
FC2ブログへようこそ!

GRUPPO twitter

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

GRUPPO R.S.イベントレポート

GRUPPO R.S.イベントレポート

2014年5月25日 第333回ラウンドツーリング

カラッとした青空ではないもののまずまずの天気の中、第333回ラウンドツーリングが行われました。


IMGP0220.jpg
今回はグルッポの地元ということもあり第一集合場所には沢山の方々に集まっていただきました。


IMGP0213.jpg
宇都宮から本日の最小排気量車、頑張っていました。




IMGP0212.jpg
オーナーは実用車だと御謙遜されていましたが、イイ走りをしていました。



IMGP0215.jpg
日本に数台しかないそうです。



IMGP0216.jpg
スーパースポーツCB72。アイドリングからレーシーなサウンドを響かせ走っても美しいホンダミュージックを奏でていました。


学園東通りを北上して、第二ポイントである岩瀬駅を目指します。
街路樹の中を沢山の車両がそれぞれのペースで走っている様は感動的でしたが、写真に収めている余裕がなかったのが非常に残念でした。



IMGP0222.jpg
今回のツーリングテーマは筑波山一周ということで筑波山を眺めながら走ることができました。



IMGP0223.jpg
予定通りJR水戸線岩瀬駅に到着しました。




IMGP0224.jpg
お昼ご飯の予定地へ出発間際にMHR2台が登場して、その場が一気に華やいだ感じになりました。



IMGP0227.jpg
国道50号沿いの麦とろ定食が美味しいお店に大挙して入りました。
この日は2人で店を切り盛りしていたので最後の方の注文が運ばれてくるのが一時間以上経ってしまいました。時間に余裕をもっておいて良かったです。



IMGP0228.jpg
今回はビモータが3台も参加されていました。
並んで写真に収めたかったのですが時間の都合で叶いませんでした。次回は是非!!
やはりスペシャルオーダー感が漂っていて、病が再発しそうでした・・・というかしてました(苦笑)



午後は筑波山の東側のフルーツラインを南下して牛久大仏を目指します。
二輪通行禁止区間をうまくかわしながら気持ち良く走ることができました。



IMGP0229.jpg
最終ポイントまでで合計43台の参加車両となりました。
想像していたよりも沢山の方に参加していただきとても嬉しかったです。そして実は今回幹事は下見を行っておらずどのような道なのか不安がありましたが結果としてとても走りやすいルートで楽しかったです。牛久大仏様も前回お目にかかった時より表情が笑っておられるように見えました。

至らぬ点も多々あったかと思いますが、次回の赤城山方面ツーリングにもご都合をお繰り合わせて是非参加して下さい。

参加された皆様、サポートして下さった皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。



(参加車両)
モトグッチ  イモラ(1974)
ホンダ  CB750Four K0(1969)
スズキ  LS650 サベージ
ホンダ  GB400TT(1985)
ビモータ  DB4R1
ホンダ  CT110(1980)
ホンダ  CB125JX改
カワサキ  W1SA
モトグッチ  GU221VT  初めての参加です。ぜひよろしく!
ヤマハ  GX250(1977)
スズキ  K125(1970)
ホンダ  ホーネット250
ホンダ  CB250(1971)
ホンダ  CB72(1965)
ドゥカティ  スクランブラー250(1973)
ホンダ  CB250RSZ
ホンダ  CB750Four K0(1969)
トライアンフ  T-120V(1974)
ハーレーダビッドソン  XL883N
ホンダ  CB750Four K0(1969)
ホンダ  シルバーウィング(2001)
カワサキ  ZZR1400
ホンダ  CB400CF  宜しく!
ホンダ  CB400SB
ホンダ  TL125バイアルス
ホンダ  XL125(1980)  初です。宜しくお願いします。
ホンダ  GB250(1983)
ヤマハ  XJR
ホンダ  シャドウ1100(1994)
ホンダ  CB550Four(1979)
ハーレーダビッドソン  XL1200S(2002)
ビモータ  SB6SR(1992)
ホンダ  GB500TT(1985)
ヤマハ  RD250(1970)
スズキ  グース250
ヤマハ  RZ250(1980)
ドゥカティ  MHR(1984)
ドゥカティ  MHR(1984)
MVアグスタ  125S(1974)ワンオーナー
カワサキ  W3(1974)
ビモータ  DB1SR
ホンダ  CB250RS
アエルマッキ  アラベルデ(1964)(幹事)  グルッポマーケット見てね!!
スポンサーサイト

2014年5月16日~18日 第2回U-125ラリー

去る5月16日から3日間の日程で市区町村ナンバー限定のラリー競技である、U-125ラリーが行われました。

U-125ラリーはGRUPPO R.S.夏の大イベントであるスーパーラウンドラリーと同じような競技方法で多少ルールを緩やかにしている感じです。

IMGP0180.jpg
絶好の青空に恵まれて、第一集合場所である道の駅さかいには7人の参加者が集まりました。



第二集合場所の道の駅いちごの里よしみまではフリー走行です。



IMGP0182.jpg
ここで合計11人が集合し、本日の宿泊場所である鹿教湯温泉までの5区間に分けて競技をスタートします。
その前に、くじ引きでオフィシャルと競技者の分担と簡単な打ち合わせをします。



IMGP0183.jpg
この日の全員+途中までお見送りの一文字さんと共に写真を撮ってからラリーのスタートです。

GRUPPO R.S.のラリー競技とは決められた目的地(ポイント)まで一番早く到着した者が勝者、というのではなくオフシャルと呼ばれる二人組のライダーが最初にポイントに向けてスタートします。その15分後に競技者がスタートするわけですがオフィシャルがポイントに到着するまでにかかった時間に一番近かった競技者が勝者となります。二人のオフシャルの走り方や道路の状況を推理しながら走らないと競技者はなかなか勝つことができません。


IMGP0184.jpg
最初のポイントである道の駅おがわまちには皆順調に到着したようです。
平日の午前中ということもあり私たち以外にはほとんど誰もいませんでした。



IMGP0188.jpg
第二区は昼食場所である小鹿野までで、わらじかつ丼をいただきました。



IMGP0190.jpg
第三区は道の駅上野までです。
この辺りから信号の少ない道となり、走りも快適になりました。



IMGP0192.jpg
写真は最終第五区を全員無事に走りきって宿に到着していますが、第四区で国道が通行止めとなっていて迂回路を通るルートに変更になったためミスコースをする競技者が数人いました。



DSC_0138[2]
温泉でこの日の疲れを癒した後は、豪華な食事とこの日の第四区での波乱の出来事の一部始終に全員で大笑いしながら夜の宴は過ぎていくのでした。





明けて、5月17日。
IMGP0193.jpg
一日目総合一位のMさんは途中でマフラーのフランジを固定するナットを落としてしまい、朝から手持ちのナット数種類を見比べながら修理していました。



IMGP0196.jpg
第一区。フロントのオフィシャルがスタートしてから15分後、競技者が続々とスタートしていきます。



IMGP0199.jpg
第二区のフロントオフィシャルであるキングがポイントを通り越して三区のポイントである昼食場所まで走っていました。
余程長野県内の道が走りやすかったのだと思われます。



IMGP0200.jpg
昼ご飯は戸隠そばと沢山の山菜料理です。
そばの風味を引き立てる薄味のつけダレで次回は家族にもご馳走してあげようと思いました。



IMGP0201.jpg
戸隠から鬼無里を越えて白馬の道の駅に到着しました。
北アルプスにはまだたっぷりと残雪があり、そこから吹きつける風はとても冷たかったです。



IMGP0202.jpg
第五区は安曇野市のスイス村まで。
フロントオフィシャルがミスコースをしてしまい競技者の方が先にポイントに到着するというハプニングがあり、競技が不成立となりました。
総合タイムの帳尻を合わせながら走っている競技者にとっては競技不成立は痛手となることもあります。逆にこの競技不成立によってほくそ笑む競技者もいるはずです。それはその日の夜結果が出るまでわかりません。



IMGP0203.jpg
最終第六区、スイス村から青木村を経由して宿泊場所の鹿教湯温泉までです。
途中の県道は対向車が全く来ない獣道に毛が生えたような道でいつ行き止まりになってしまうのか不安に駆られながら走りました。峠を越えて小さな集落が見えた時には安堵感と達成感に包まれました。
そんな中、CB90改がパンク!!
前を走る競技者が気がついて、宿からレスキューに向かおうとしていたちょうどその時、自力で帰還しました。
あの道を知っている分、皆帰還を驚きと喜びで迎えました。



IMGP0204.jpg
温泉で疲れを癒して夕飯です。
波乱の二日目でしたが、夕飯になればその全てが話題と笑いに包まれます。

(2014年U-125ラリー結果)
1位 旅がらS  CL90  二度の競技不成立が功を奏しました。
2位 ジョージア  CB125JX改
3位 キングオブキング  XL125パリダカ



5月18日
二日目まででラリーの結果は出てしまっていますが、この日の昼食までの二区間を前日まで競技が成立しなかった区間賞をかけて急遽競技が行われることになりました。
IMGP0208.jpg
これまで区間賞を獲得できなかった方が3名いました。それ以外の参加者は既に帰宅モードになっているのか全体的にのんびりとした雰囲気です。
この日も気温が上がりそうな綺麗な青空が広がっています。



IMGP0209.jpg
今回の優勝車両CL90とCT110。
参加者中の小排気量車で決して早い車両ではありませんが、毎回元気な走りをしています。
レポーターはCL90オーナーですがU-125に参加する度に車両への愛着が湧いていきます。



IMGP0210.jpg
長野原草津口界隈で昼食をとり、赤城山の麓を快走して解散場所である道の駅赤城の恵に到着しました。
ここから自宅まではまだまだ100キロ以上の道のりがありますが、無事に第二回U-125 ラリーは終えることができました。

次回は10月初旬に一泊二日の日程で行われます。
興味がある方や参加してみたい方はお気軽にグルッポ役員にお問い合わせください。


(リンク)
シルバーさんのブログ  『走る銀色の矢』


2014年5月4日 日曜日 シングルドカティミーティング 

2014年度シングルドカミーティング、今回も大勢の方に参加いただきました。

IMG_0475.jpg
好天に恵まれバイク日和となりました。
それでも日陰はやや寒いくらい、日向ぼっこをしながらいつもののんびりしたミーティングの風景。

IMG_0493.jpg
キャブセッティングが決まらずにアイドリングが続かない?
暫くぶりに走ってるのを見たエリートですが、このエリートはホントに丈夫で壊れません!

IMG_0488.jpg
二輪ならぬ二足で走って来たヨネシンさん、ドカオーナーになる日は近い??

IMG_0471.jpg
シングルドカに初挑戦?
女性オーナーが増えて欲しいですね。

IMG_0465.jpg

IMG_0497.jpg
アイドリングもの凄く静かでしたね〜。
センス良くカスタムされた1台です。

IMG_0480.jpg

IMG_0481.jpg
もうかなり前になりますが、環七でみかけたシングルです。
オーナーさんはほぼ毎日通勤に乗られているそうです。
バイクをピカピカに磨かれている方は多いですが、個人的に僕はこういう雰囲気が好きですね。
バイクも年相応に、オーナーさんの言葉が印象的でした。

IMG_0483.jpg

IMG_0485.jpg
ミーティングでお馴染みの光景。
ちょっとした不調は、皆であーでもないこーでもないと修理しちゃいます。

IMG_0501.jpg

IMG_0504.jpg

IMG_0508.jpg

IMG_0452.jpg
参加の皆様、ありがとうございました。
ドカシングル関連のイベントは次回は秋のラリーになります。
グルッポは他にも色々なイベントが有りますので、是非そちらにもご参加ください。

HOME
広告: